2018/09
 123456789101112131415161718192021222324252627282930 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六話:5年になって

それから2年がたって、
僕が小学5年生になり、お兄さんはというと・・・なんと高校1年になりました。


僕は5年生になり、サッカークラブに入りました。

「野球する」って言ってたのに?
そんなもん、あんな兄さんのタメに野球するようなもんじゃないですか。
そんなのマッピラごめんでした。

今でもサッカー部所属です。

お兄さん、いつも野球の話をすると、「甲子園にいくんだ!!」っていう口癖がついていました。
しかし、田舎の方の学校ですから、一勝もした事はありませんでした。
これは後で知ったのですが、お兄さんは一回公立高校に落ちて、私立高校に行ったそうです。
きっと強いトコロ行きたかったんだろうな・・・。
無念。

お兄さんとキャッチボールする時間は、段々少なくなり、半年すぎればキャッチボール出来なくなりました。

こんな事言ってると、懐かしくなってきます・・・はぁ・・・

この頃、母は実家に帰ってました。
家には父と僕だけでした。

僕は時々父とキャッチボールをしました。
父は元野球部で、レフトを守ってましたので、父も遠投が好きでした。
僕の心は当然カーブミラーにそそられるのですが、
僕もそんなに馬鹿じゃありません。
え?いや、

・・・・・・

もっと新しい知恵を働かせていたんです。もう一度あのミラーを使ってね。

頭がきれるんです。僕。
・・・・ツッコミおねがいしますよ。

それで色々企んでる僕なんです。
これからのイタズラ列伝、ちゃんと読んでいただければと思いますっ!!


「人気blogランキング」の方も登録しましたので、ご協力よろしくお願いします!!

らんきんぐ


FC2
スポンサーサイト

« 第五話:その後の母 | ホーム |  第七話:僕の仲間 »

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://sg14m.blog103.fc2.com/tb.php/9-fb45cfb6

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

悠侍[ゆうじ]

Author:悠侍[ゆうじ]
初めまして。
なんでも、まだ学生なモンなんで、言葉の使い方が良く分からないんです。
最近ゲーム中毒になりました。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索