2018/07
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第四話:母

今回はお母さんのお話。
ウチはとんでもない一家ですよ。

お父さんがお母さんに土下座した3日後の事。

僕は夜、眠れなかった。
何故眠れなかったかというと、

お兄さんが怖かったからじゃありません。

おばさんが怖かったからでもありません。


お母さんが恐ろしかったのです。

なんてゆーか・・・
お母さんすぐ切れるから・・・。
おばさんよりも悪口の数が多いと思うのは、きっと僕とお父さんだけだけど。
何故か?それは外ではとっても礼儀よくするからなのだ。
いつしか外食に言って、
「お母さんもっと食べないの?家ではよく食べてるのに。」
と、言うと、隣の席の人に笑われたので、
それでお母さん爆発。
次の日は顔にアザいっぱいつけて学校いったよ。
それはもう怖い怖い。


そして土下座から3日後の夜、お父さんとお母さんの壮絶バトルが始まった。
家族内で火花がスッゲーとびちってたし。
いや、ホントに眼に見えるんだよ。
流石に「バチバチッ」とは、いってなかったけどね。

もう怖くて怖くて僕は布団にもぐって、壮絶バトルをあたたかく見送った
いや、だって、こんなの止められないし。
流石に「やめろよ!!」とかってかっこよく入れる歳でも状況でもなかったし。

その次の日は家族揃って眼の下にクマつくって家を出ました。
その朝に僕は「お母さんになんて言ったの?」と、お父さんに聞くと、
「お母さんにね、子供がもう一人欲しいっていったんだよ。」とか言う返事。
今となっちゃぁホント冗談のキツイ親父だよ。
「断られたから怒ってたの?」と僕。
「うん。断られたけど、やってもいいって事になったよ。」と、親父。
「何するの?」と、僕。
ヒャー・・・・こんな事書きたくもなかったよ・・・・面白かったけど。
「何かっていうとね・・・・・赤ちゃんをつくる通過点のようなモンさ。」
もう日本語正しいのか?すでに相手が小学一年生だという事を忘れている回答。
「へ~。で、赤ちゃんできるの?」と僕。


そこから先は覚えてません。なんせ7~10年前の話ですから。
今思えば親父はソートーなエロ親父でした。
今も変わってませんよ。

FC2
スポンサーサイト

« 第三話:父 | ホーム |  お知らせ »

コメント

この記事へのコメント

ハハハハ。おかん最強っ!!ってか悠ちゃん大丈夫だった?あざいっぱいって・・・(汗)コエェ~

それで、結局何したんですか?(ハイ来た。)
何かそこら辺からよくわからなくなってきまして・・・。そんなに怖い事っすか!?(0▲0;)

Meのお母さんは・・・今、右手の甲を折ってます。んで、性格は、まぁ優しい方かな?しょっちゅう気に懸けてくれるし、でもやっぱ怒ったら・・・マジコワッ!!

僕は大丈夫ですorz
親なりに僕の事思ってくれてるみたいですから、殺しはしませんよ(笑

はい来たーーー!!!僕はその時ナマで見てなかったんで、あんまり良く覚えてませんorzでも怖い怖い。

えぇえっ!!お母様お大事にですよっ。。。悠ちゃんからの伝言w親って誰でも怒ったら怖いんですねーorz

殺しちゃったらやばいっすよぉ・・・。(^^;)

怖いってやっぱり・・・拷問とか・・・?(ヒエェェ~!!)

怖いです!!友達とかからはよく優しそうとは言われてますけど、やっぱ怖いです。(涙)

だから殺されないんですよ~^^

拷問~!!?ちょっと違うっ!!
ん?ちょっとじゃないかも(笑)

そーなんですよね~^^
友達からは「優しそうなお母さん~」とか言われても
家じゃ違いますからね~orz

ニャ~~~も~わかんにゃい・・・。

そうそうっ!!まさにそうっ!!だからよく言ってやるんですよ、「鬼ぃ~っ!!」ってね。そしたらも~ダメ。

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://sg14m.blog103.fc2.com/tb.php/5-46515b7a

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

悠侍[ゆうじ]

Author:悠侍[ゆうじ]
初めまして。
なんでも、まだ学生なモンなんで、言葉の使い方が良く分からないんです。
最近ゲーム中毒になりました。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。