2018/07
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一話:カーブミラー

さて、記念すべき第一回目のお話。

第一話は何故題名が「僕の家の前のカーブミラー」かと言う事。


それは僕が小学1年生だった時のお話。

僕が小学1年生の時、隣の家に5つ上のお兄さんがおりまして、そのお兄さんは何処かの野球クラブに入ってたんです。

お兄さん、上手でしたよ。
その頃は毎日のようにお兄さんと家の前でキャッチボールしてました。
お母さんに必死におねだりして買ってもらった小さいグローブを手にはめて、ものすごい勢いで家を飛び出していった事を覚えてます。

ある日、キャッチボールをしていると、
いつものように、お兄さんは、相手が5つも下だという事は御構い無しに、
40メートル程離れた所から、軟球をものすごい勢いで投げてくるんですよ。
僕の近くにボールが来た時は
シュルルルルルルルルルってすごい音鳴ってました。

そんなの受けれるワケないじゃないですかぁ!!

いつものように、僕はボールを弾いてしまいました。
いつもそうせざるを得ない状況だったので・・・。

そして今日は小学4年生だって届くか届かないかぐらいの距離まで
お兄さんは離れていくんですよ。

「お兄ちゃん、届かないよ!!」と、僕。

「届かなくてもいいから思いっきり投げてみろ~」
と、お兄さん。


・・・・・・・・・・・・・・・・
いいの?届かないよ?
つーかさ、兄ちゃんがそっから投げたいだけでしょう?


「早くしろよ~」
お兄さん、焦らんでもどうせ届きはしませんよ。

そして思いっきり投げました。
黄金の右腕が今、ボールをお兄さんのモトへ飛ばしました!!

そして地面につき、大きくはねる!!

テンッ、テンッテン、テンテンテンテン

ほらな、やっぱり。
届かない事は想定内でしたよ。

ポチャン
まさか畑に入っちゃうとわ。

「やっぱり届かなかったな~」
と、笑いながら走ってくるお兄さん。

「お前がボールとってこいよ。」
・・・・・え?
人にボールはめさせて、とってこいって・・・・
イジメじゃん!!5つも下の子に!!

その時は何も思わずに拾いに行きましたよ。純粋な子でしたから。
さっきの音のとおり、畑には水が溜まってたんですよ。
カッパ着て拾いに行きました。あの黄色いカッパを。
拾ってきたらキャッチボール再開。

今度は近くから投げてやりました。
思いっきり。
すると(多分ノーコンだったカラだと思いますが)隣にあったカーブミラーの棒の部分にボールがあたり、跳ね返ってきたんですよ。
そのまま飛んできたボールはお兄さんの体へと一直線。
そしてあたったんです。タマがタマにあたったんですよ。

もう二度とあの場面は思い出したくない。
そして僕はその日からキャッチボールを断られるようになりました。
カーブミラーがキッカケで。


その事から、題名をとらせてもらい、題名を「僕の家の前のカーブミラー」にしました。

今までにあったこのような出来事を、もっと沢山のせていきたいと思うので、よろしくお願いします。

FC2
スポンサーサイト

« 挨拶。 | ホーム |  第二話:おにいさん »

コメント

この記事へのコメント

たまにあったたくらいなんだよ!?
その人以外に弱虫??
いいじゃんやってあげれば~w
次回も楽しみにしてます

コメントありがとうございます!!
貴方が初コメですっ!!ホントに嬉しいです!!
ありがとうござます~~(涙

違うんですよ。タマの種類が(笑)痛いのなんの。はい。
これからも更新していきますので、どうぞ時間のある時にお読みいただけたら嬉しいです。

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://sg14m.blog103.fc2.com/tb.php/2-83f594f0

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

プロフィール

悠侍[ゆうじ]

Author:悠侍[ゆうじ]
初めまして。
なんでも、まだ学生なモンなんで、言葉の使い方が良く分からないんです。
最近ゲーム中毒になりました。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。