2007/08
 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第六話:5年になって

それから2年がたって、
僕が小学5年生になり、お兄さんはというと・・・なんと高校1年になりました。


スポンサーサイト

第七話:僕の仲間

小学5年生にもなると、「親友」ってモノが出来てくるんです。
僕のこの頃の親友は、白(ハク)君でした。
いっつも二人で居ました。
白とは高校までの長い付き合いでした

第八話:僕の仲間2

さてさて。前回の続きです。
大きなモノが自分にぶち当たって、畑に突っ込んだ所から。


第九話:僕の仲間3

気付けばトクに面白い所しか載せてませんでした(汗
早く終わっちゃうかも・・・orz

と、ゆー事で、それから一年後の話。
僕と白君は6年生になり、修学旅行の頃でした。


第十話:いたずら

さてさて、「僕の家の前のカーブミラー」も十話を過ぎようとしています。
あぁ・・・どこかしら切ない・・・(え

9時になり、皆が「肝試し」から帰ってきて、入浴の時間です。



第十一話:いたずら2

ランキング大分上がってきました。
いっつもクリックしてくださる皆さん、ありがとーですーっ!!
これからもお願いしますっ
新しく話しつくったので十話が短くなってしまいましたっ。
ま、いっか。

「ぼ・・・僕の枕どこやったんだよ」


第十二話:いたずら3

そろそろ勉強しなきゃいけませんです~orz
と、ゆー事で、応援してくれるなら、らんきんぐ協力してくださァあーい!


「あの~・・・早乙女先生いらっしゃいますかぁ~」
僕は先生の居る部屋にコッソリ入って小声で言った。


第十三話:白とのいたずら

さて、「はんごうすいさん」も終わり、今から帰ろうという時です。
学年の三分の二がバスに乗り込んだ後、
白君がモソモソしている事に気がつきました。


第十四話:白とのいたずら2

「なぁ白。そろそろ先生困ってるだろーな。」
早乙女先生がトイレを出て5分くらいの事でした。
「だろーな。ちょっと面白くなってきたってトコじゃね?」
「あー・・・僕も同じコト思ってた。」


第十五話:白とのいたずら3

十五話突入~~~^^
四捨五入で20だよ~↑↑嬉しいっ

「いないのか~?」



第十六話:白とのいたずら4

一日で二度美味しい!!
今日二回目の投稿!!



「何枚撮った?」

第十七話:白とのいたずら5

えーっと、とゆー事で、10500円設けた悠侍です。
10000なんてケタがケタですからね~^^
僕は帰ってから、バレないように全部遊びに使いました。
もちろん白君と。ゲーセンとか、はまってたので^^


先生がルンルンでバスに戻って行きます。
「早く来るんだぞー!!」
「は~い!!」

第十八話:決着

えーっと・・・・どっからだっけ?(オイ
あぁ、白君が僕の隣に来たトコロから。


第十九話:決着2

投稿久しぶりだ~^^

「この体勢でいさせて。」
「しょうがないなぁ。」


 | ホーム | 

プロフィール

悠侍[ゆうじ]

Author:悠侍[ゆうじ]
初めまして。
なんでも、まだ学生なモンなんで、言葉の使い方が良く分からないんです。
最近ゲーム中毒になりました。

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索